toggle

profile

野上幸子 | SACHIKO NOGAMI
福岡県 飯塚市出身
2歳よりバイオリンを始め、5歳で初の海外演奏を行う。

県立嘉穂高等学校卒業後、ヨーロッパ ベルギーへ単身渡欧。ベルギー国立レメンス音楽大学、同大学院を最高成績で卒業。
在学中はコンサートマスターやソリストとして活躍し、大学指導助手を勤めながらヨーロッパ各地で公演を行い「心地よく清らかな癒しの音色の中に情熱を感じる。」と好評を博す。  

コンクール受賞歴▷ 第3回 弥生の里音楽コンクール小学生部門 金賞(第1位), 同時にRKB毎日放送賞の両賞を受賞 / 第2回ヴェルデ音楽コンクール グランプリ(総合第1位) / 第6回 大阪国際音楽コンクール全国ファイナリスト / 第16回 日本クラッシック音楽コンクール優秀賞/全国大会出場 / 第59回全日本学生音楽コンクール本選出場 / イタリア 第23回 IBLA国際音楽コンクール 全楽器総合部門第3位 / ヴァイオリン オーボエ ピアノによるグループ、Trio Forest にて 第12回九州国際バッハコンクール第1位

2016年夏 日本に帰国後はクラッシックを中心にジャンルを超え多方面で精力的に活動している。

Born in Fukuoka, Japan, in 1991, started to play violin at the age of two and she gave her first concert abroad when she was five.
After finishing high school in Japan, she decided to enroll in the LUCA School of Arts, Lemmensinstituut, Leuven, in Belgium.
She performed as a soloist and concertmistress in the orchestra of the school.
After taking Bachelor and Master Degree with the best grades, she works as teacher assistant at Lemmensinstituut. She is a violinist with a wide repertoire not limited to classic music.